中島メッキ

社員インタビュー

RECRUIT

一貫した製品を
送り出す技術者として
当たり前のことに
こだわりを持つ。

本社工場に併設している第四工場でアルマイト処理を担当している浅井さんは、 あるキッカケから入社して以降、中島メッキ一筋。 仕事に対しての責任感も強く、日々「ものづくり」の現場を支えている。

製造浅井 竜也

入社
2010年入社
主な仕事
アルマイト
入社したきっかけが少し変わっていると聞いています。
はい。友人が声を掛けてくれました。 「ちょっと一緒に働かない?」と誘われ、「とりあえずここで働いてみるか」。 という軽い気持ちで入社しましたが、もう10年も経っています。(笑)
その理由?は何でしょうか?
社風が私にあっているのだと思います。 みんな和気あいあいとしていて、上下関係もなく、働きやすい職場だからだと思います。 また、工場で働くことが好きで、自分が仕上げた製品を街で見かけるとうれしくなります。

仕事と趣味の
バランスを
とりながら
好きを極める。

仕事で心がけていることは何ですか。
より良い品質の製品を安定的に送り出す責任者として、生き物と接するように製品と対峙することです。 気温や湿度、匂い、液の温度など全てに気を使って仕事をしています。
オフの過ごし方を教えてください。
就業後は会社の前でBBQをしたり、釣りをしたり、休日はバイクに乗ったりしています。 いつかは自分の好きなことを仕事にできたらいいなと思っています。 例えば、バイクの部品や釣りのルアーを自分で”めっき”してみたり。 中島メッキの技術と自分のアイデアで新しい製品づくりができたらいいなと思っています。